買い切り3千円台でテレワーク環境も可能なポータブルVPNルータGL-AR300M【OpenVPN】【WireGuard】

ネットワーク

リモートワーク・テレワークが始まる中、現在まだ対応できていないという方もいるかも知れません。テレワークに個人事業主や小さな職場では、テレワークへの投資も小さくしたいですよね。そのような方におすすめなのが持ち運び用の格安ポータブルルーターGL.iNet のまたは GL-AR300M、または GL-MT300N-V2です。

こちらは、オフィスにOpenVPNやWireGuardのVPNサーバーがあれば、このルータがVPNクライアントとなり、Wi-Fiまたは有線LANでオフィスに接続できるようになります。

Amazon | GL.iNet GL-AR300M(shadow)無線LAN vpnトラベルルーター Openwrtインストール 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 128MB Nand フラッシュ OpenVPN/WireGuardクライアント/サーバー 日本語界面 | GL.iNet | 無線・有線LANルーター 通販
GL.iNet GL-AR300M(shadow)無線LAN vpnトラベルルーター Openwrtインストール 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 128MB Nand フラッシュ OpenVPN/WireGuardクライアント/サーバー 日本語界面が無線・有線LANルーターストアでいつでもお買い得...

GL-AR300Mの機能

安価ですがかなり多機能なルータです。

型番GL-AR300M
メーカーGL.iNet
無線LAN規格IEEE 802.11n/g/b
最大通信速度(無線)300Mbps
最大通信速度(有線)100Mbps
インターフェース2 x イーサネット(1xLAN、1xWAN)
1 x USB2.0
電源 micro USB (5V 1A)

本機能の主な用途は単純で「インターネット接続を中継すること」です。 つまり、ホテルや公衆環境などでこのルータをインターネットに接続すれば、このルータに接続している機器がインターネットに繋げられるようになります。

検討中の人
検討中の人

いや、ホテルとかのWi-Fiを中継する意味もないでしょ。直接ホテルのWi-FiにスマホやPCを繋げばいいでしょ。

と思うかもしれませんが、この装置の最大の特徴はルータ自体に「VPN接続できる」機能があることです。 その意義は次の通りになります。

  • オフィス内ネットワークへの接続を可能にする
  • 公衆無線LANのセキュリティガード

オフィス内ネットワークへの接続を可能にする

例えばオフィスのVPNサーバー(OpenVPN、WireGuardに対応)に接続した状態でこのルータのWi-Fiにつなげると、オフィスの各サーバーへの経路が確保されます。あたかも、オフィスにいるのと同じ環境で仕事ができます。

接続方法の例の通りに同ルータをオフィスのVPNサーバーへ接続します。GL-AR300MにPCやスマホなどをWi-Fiや有線LANで接続すると、それらの端末をVPN経由での接続點せられるようになります

有線LANも2ポート(うちWAN側1ポート)、またWi-Fiが利用できるので、自分好みの方法で中継ができてしまいます。

なお、WireGuardでの接続方法は以下をご覧ください。(この記事に記載の「Android装置」を、このルータに読み替えてください)

オフィスの各PCやサーバーへの接続

オフィスにあるPCでリモートデスクトップの設定を行えば、出先の環境でオフィスのPCで作業ができます。また、Windowsファイル共有機能なども、IPアドレス直打ちが必要ですが利用可能です。

公衆無線LANやホテルのセキュリティガードに利用可能

(もちろんこの装置だけとは限りませんが)VPNを利用するもう一つのメリットは、セキュリティです。公衆無線LANが暗号化されていない場合には、自分が送信する情報が丸見えになります。また海外の検閲がある国では、Webの閲覧が検閲されているところもあります。

このような環境下で安全・安心してインターネットを利用したり、検閲から逃れる方法としてもVPNが有効です。こちらのルータでVPNを利用し、このルータから接続して利用することで、適用ができます。

ネット上の検閲には中国の「グレートファイアウォール」は有名ですが、ベトナム、ミャンマー、エジプト、キューバなどその他の国でも行われているようです。

ちなみに筆者がタイに行った際にも、検閲かなと思う体験がありました。ホテルのWi-Fiに接続し、なんの気なしに確認くんを見たら、透過型プロキシが吐き出したであろうヘッダ情報が確認されました。それが本当に透過型プロキシによるものかは不明ですが、怖くなったのでそれからは、PC作業ではVPNを使って通信しています。

Amazon | GL.iNet GL-AR300M(shadow)無線LAN vpnトラベルルーター Openwrtインストール 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 128MB Nand フラッシュ OpenVPN/WireGuardクライアント/サーバー 日本語界面 | GL.iNet | 無線・有線LANルーター 通販
GL.iNet GL-AR300M(shadow)無線LAN vpnトラベルルーター Openwrtインストール 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 128MB Nand フラッシュ OpenVPN/WireGuardクライアント/サーバー 日本語界面が無線・有線LANルーターストアでいつでもお買い得...

その他の機能

実はこのルータ、OpenWRTまだまだ機能はあり、カスタマイズは色々できるようになっています。

  • 例えば各インターフェース(無線LAN、ゲスト用無線LAN、有線LAN、VPN)の間での通信ポリシーの決定、ファイアウォール
  • 基本的なルーティングの設定
  • USB接続HDDの共有
  • 外部のOpenWRTプラグインの導入

インターネット(WAN)側の接続方法も色々対応

WAN側も、色々な接続方法が提供されています。ホテルなどでの有線LANだけではなく、無線LANの中継、テザリング、USBモデムなど、任意の方法で接続ができます。

ホテルでも、空港内ラウンジのようなところでも、どこでも社内LAN環境が使えます。

まとめ

VPNを利用してどんなところでもオフィス環境が利用できるポータブルルータが3000円台で利用できることをご紹介しました。

特に、いろいろなアクセス方法で、WireGuardやOpenVPNが利用でき、かつカスタマイズが可能なのにこの価格は、なかなかないかなと思います。ぜひご利用ください。

Amazon | GL.iNet GL-AR300M(shadow)無線LAN vpnトラベルルーター Openwrtインストール 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 128MB Nand フラッシュ OpenVPN/WireGuardクライアント/サーバー 日本語界面 | GL.iNet | 無線・有線LANルーター 通販
GL.iNet GL-AR300M(shadow)無線LAN vpnトラベルルーター Openwrtインストール 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 128MB Nand フラッシュ OpenVPN/WireGuardクライアント/サーバー 日本語界面が無線・有線LANルーターストアでいつでもお買い得...

ちなみに、サーバー側には、こちらの装置がおすすめです。Wi-Fi機能をオフにして、オフィスに接続してWireGuardを設定する事ができます。このご時世、安価にテレワーク環境をご利用ください。

Amazon | GL.iNet GL-B1300 ホーム メッシュ ルーター ACギガビット 無線LAN VPN対応 デュアルバンド400Mbps(2.4G)+867Mbps(5G) DDR3L 256MB RAM/32MB フラッシュ ROM OpenWrt MU-MIMO 日本語設定画面 | GL.iNet | 無線・有線LANルーター 通販
GL.iNet GL-B1300 ホーム メッシュ ルーター ACギガビット 無線LAN VPN対応 デュアルバンド400Mbps(2.4G)+867Mbps(5G) DDR3L 256MB RAM/32MB フラッシュ ROM OpenWrt MU-MIMO 日本語設定画面が無線・有線LANルーターストアでいつでもお...

コメント

タイトルとURLをコピーしました